Loading...

2014年9月15日月曜日

[140915]敬老の日!「看護」と「介護」人材獲得に明暗:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京


今日は「敬老の日」(「老人の日」)ということで・・・
私のライフyワークである福祉・介護についてちょっと考えます。

介護に対するネガティブイメージを変えた現役19歳介護職のインタビューは本当に共感できる。介護・福祉の現場改善には業界外からの横風も必要。そして、イメージ戦略も大切ということか。

看護師が専門職としての今日の地位を獲得するまでには長い闘いがあった。そして、介護(福祉)が専門職であるという社会的地位を確立するためにもまずは福祉士会など国家資格団体の組織率を上げることも重要であると思います。





*******
「看護」と「介護」人材獲得に明暗:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京:

'via Blog this'


団塊世代が75歳のピークを迎える2025年に、看護師や介護従事者が多く必要とされる中、2つの職業では人材獲得で明暗が分かれています。日本福祉大学は、来年度看護学部を新設する計画を立てています。看護系の大学は全国にすでに226校あり、20年で20倍に増えた計算です。一方、介護業界には、コムスン事件以降、イメージが悪化し、人が集まらなくなっているようです。愛川舜寿会ミノワホームで働く馬場さんは、この業界を変えようとアパレル業界から転職してきました。イメージアップや業界の仲間と連携し、介護職の魅力を挙げていきたいと考えています。また、介護分野に人材を集める手段の一つとして、介護技術があげられます。フランス発の認知症患者に対する介護技術「ユマニチュード」も注目を集めています。

取材先
・日本福祉大学
・厚生労働省/福祉人材確保対策室
・愛川舜寿会ミノワホーム/経営企画室
・東京医療センター/総合内科
********

2014年8月3日日曜日

[170803]知立市市議会議員選挙【当選】結果 粗まとめ

知立市市議会議員一般選挙(8月3日投開票)が開票終わりました。
当選者の結果が出ました。

*********

◆定数:20議席

◆候補者:23名

◆有権者数:52,633 人

◆投票者数:28,450 人

◆投票率:54.05 % 
 (前回:54.73% 平成22年)

*********

《当選者一覧》
[出典]知立市選挙管理委員会 http://www.city.chiryu.aichi.jp/cgi-bin/senkyo/koukai.cgi











































◆会派別で当選者を見ると

 ○日本共産党:3議席(現職3名 内女性:2名)

 ○公明党:2議席(現職2名 内女性:1名)

 ○民主党:1議席(現職1名)

 ○無所属:14議席(現職11名 新人3名  内女性:1名)


[140803]そうだ、選挙に行こう! その2 ~一票に託す思い


きょうは、知立市市議会議員選挙・投開票日


■□■□■
結論です・・・
  今を生きる成人(20歳以上≒オトナ)がもっている一票の重みは、これまで我が国日本国を今    日まで創り発  展してくださった何億ものご先祖様・まだ投票権のないこれからの日本の将    来を担う子どもたち・障害や疾  病など何らかの理由で投票ができない方たち、そして、これ   から産まれてくる未来の方々の想いをも背負っているのだと思います。
■□■□■


知立市議会議員選挙。(8月3日投開票)



候補者のみなさんを見ながらいろいろと、考えます。


これからの知立のこと、立候補者のプロフィール、一票の意味、新陳代謝・・・・・


統一地方選を控え、各地でもその前哨戦ともいえる選挙が行われています。


また、「県議号泣会見」「大量辞任市議会」「都議会ヤジ」「政務調査費」「Twitterでの発言で辞職した区議」などなど、問題山積しております。政治不信が蔓延してるともいわれています。テレビなどではコメンティターなどが批判的なことを言っていますが・・・

しかし、そのような、議員を選んだのは間違えなくその地域の有権者(国民・住民)なんですよね・・・






私たち有権者・主権者が選んだ議員が本当に私たちの要求実現に働いているのか。また、不祥事が起きたなど問題がおきれば、バッシングはするが、選んだ自分たちの責任には言及をしない。

「選ばれた責任」と「選んだ責任」は表裏一体。


そんな、「渦中」に行われている知立市議会選挙。
議席減(23議席→20議席へ)や新人候補者と「激戦」と言われてます。

立候補者を見ていると、若い候補者もいます。比較的年齢層が高く感じる知立市議会も世代交代が必要かなとも感じます。当選者と立候補者なので単純に比較することはできませんが平均年齢をまとめると以下のようになります。

 ○現市議の平均年齢

  65.8歳(最高齢:74歳 最年少:36歳)

 ○今回の立候補者平均年齢

  55.1歳(最高齢:74歳 最年少:39歳) 

   ※現職最年少が今回は立候補をしていない。

   ※最年少立候補者は新人候補。



支持政党で選ぶか、世代で選ぶか、政策で選ぶか―。
選び方、見る角度で候補者への見方が変わります。


各地のさまざまな不祥事を見ると議員の経験年数、当選回数多い候補者が《良い政治》とは言えない様に感じます。また、若い政治家が立候補し当選したり、様々な政治グループを作り選挙活動、政治活動を行っています。

今の日本の政治のキーワードの一つは「世代交代」とも言えるのではないでしょうか?


古い政治ではダメだといって「民主党政権」が選ばれ期待されたが、やっぱり経験値や実力が必要だ、といって「自由民主党政権」に復古。政治の分野では単純に「新しければいい」だけではいけないようです。また、若い政治家とベテラン年配政治家が仲良くなったと思えば「価値観」が合わず、分党するなど、政治家同士のジェネレーションギャップはあるようです。


新人候補者か複数当選候補者か。若者新人候補者か年配新人候補者か―。

人を選ぶ事は本当に難しいです。


いま、熱く議論されている「集団的自衛権」の問題。

若者が戦争に行くのではないか!?などとの懸念を抱く人もいます。


戦争に行くか、行かないか。

政府は「徴兵制は日本国憲法に反するのでありえない」としています。

個人的には今の日本がすぐに戦争になると思えないし、武器を以て戦争を始めるとも考えにくいです。(いずれにせ、この問題を議論している政治家のみなさんの年齢を考えれば「武器を以て前線に‼」となる人たちは少ないでしょう。)


おそらく戦争に行きたい人はいないとおもいます。


集団的自衛権・自衛隊の活動の在り方・憲法改定・防衛政策などなどそれぞれに思うところはあるのだろうけど、その思いを政治(意思決定機関・実施機関)に届けることの第一歩が選挙に行くことですね。国政レベルから、生活に密着した地方政治(特に、市区町村議会)まで。

大切なことは、

今を生きる成人(20歳以上≒オトナ)がもっている一票の重みは、

●これまで我が国・日本国を今日まで創り発展してくださった何億  ものご先祖様
●まだ投票権のないこれからの日本の将来を担う子どもたち
●障害や疾病など何らかの理由で投票ができない方たち
●そして、これから産まれてくる未来の方々

の想いをも背負っているのだと思います。



だから、選挙が行われるのでしょ。




最後までご覧いただきありがとうございます。




2014年7月30日水曜日

[140731]そうだ、選挙に行こう! ~知立市議会選挙

私の故郷、愛知県知立市の市議会議員一般選挙が始まりました。
投開票日は8月3日です。

当日選挙に行けない方は、「期日前投票」「不在者投票」といった各手続きもあるので、活用して、投票してくださいな‼

これからの知立市を選ぶのは、創るのは、有権者の一人一人です!





今回の選挙ではこれまで、23議席だったのが、【20議席】へと3議席減。
立候補者は23人。一部報道では、激戦との報道もあります。

■党派別は・・・
 ・現職:18人 ・新人:5人
  ・無所属:16人  日本共産党:4人  公明党:2人  民主党:1人

■詳しい立候補者は知立市選挙管理員会のホームページをご覧ください
 ○知立市議会議員一般選挙について | 知立市   
   http://www.city.chiryu.aichi.jp/0000008857.html
 ○立候補者の選挙公報| 知立市   
   http://www.city.chiryu.aichi.jp/0000011823.html

■8月3日の開票の様子は地元ケーブルテレビ「キャッチネットワーク」で放送されます
キャッチネットワークホームページ