Loading...

2014年7月22日火曜日

[140722]ネット選挙フォーラム2014(ニコ生)




ネット選挙フォーラム2014 生中継

ネット選挙解禁から満1年のタイミングで開催される、
ネット選挙の現状と課題、そして今後を考えるイベント「ネット選挙フォーラム2014」
(主催:ネット選挙フォーラム2014実行委員会)。
niconicoではこのイベントで行われるステージの模様を生中継いたします。



*************************


■ネット選挙フォーラム2014 公式サイト
http://netsenkyoforum.jp/#outline


ネット選挙解禁から満1年が過ぎ、来年春の統一地方選まで一年を切っている今、ネット選挙解禁以降に様々なアクターが携わってきたアクションを振り返り、現状と課題、そして、日本の選挙・政治の未来へ、一般市民も含む幅広い関係者がなにができるのか、なにをすべきなのかを考えるタイミングです。
こうした状況の中、ネット選挙フォーラム2014実行委員会(事務局:株式会社ジェイコス)は、議員/議会関係者・広報宣伝・ウェブマーケティング・選挙支援・各種マーケティング/リサーチ関係者を対象として、ネット選挙フォーラム2014を開催します。ネット選挙とメディア、クラウドファウンディングと政策形成、アメリカ大統領選挙でのネット戦略、ネット選挙と政治のあり方、ネット選挙におけるSNSの利活用手法、若者の投票率向上などの幅広いテーマで開催します。(公式サイトより引用)

登壇者】※敬称略 五十音順
青木 大和(僕らの一歩が日本を変える。代表)
家入 一真(連続起業家)
内山 幸樹(株式会社ホットリンク 代表取締役CEO)
海野 素央(明治大学教授)
大谷 広太(BLOGOS編集長)
荻上 チキ(シノドス編集長)
川邊 健太郎(ヤフー株式会社 取締役副社長 COO)
佐藤 大吾(ドットジェイピー理事長)
佐藤 哲也(株式会社デザインルール)
杉本 誠司(株式会社ニワンゴ 代表取締役社長)
高橋 茂(ザ選挙編集長)
高畑 卓(株式会社ジェイコス)
津田 大介(ジャーナリスト)
西田 亮介(立命館大学大学院特別招聘准教授)
原田 謙介(NPO法人YouthCreate代表)
ハリス 鈴木絵美(Change.org日本代表)
細川 甚孝(政策支援合同会社)
松浦 茂樹(ハフィントンポスト日本版編集長)
松田 馨(選挙プランナー)

《各政党議員》
今井 雅人(日本維新の会)
行田 邦子(みんなの党)
佐々木 憲昭(日本共産党)
中田 宏(日本維新の会)
福田 峰之(自由民主党)
蓮舫(民主党)
タイムスケジュール
《10:00~11:10》 ネット選挙解禁から1年を総括!~何が良かった悪かった?政治家のホンネ~
モデレーター:高橋茂(ザ選挙編集長)

《11:20~11:50》 若者の投票率は低い?~政治家と若者のギャップと18歳選挙権の行方~
モデレーター:高橋茂(ザ選挙編集長)

《12:00~13:30》 ネット選挙メディア対談~政治家はニュースメディアをどう使うべきか?~
モデレーター:松浦 茂樹(ハフィントンポスト編集長)

《13:40~14:40》 ネット選挙の未来~ビッグデータから振り返る、ネット選挙解禁からの1年間~
モデレーター:高畑卓(株式会社ジェイコス)

《14:50~15:30》 アメリカ大統領選に見るネット選挙とNIPPONの可能性
モデレーター:松田馨(選挙プランナー)

《15:40~16:50》 有権者を引き込むネット選挙とは?~ネットでバズるコンテンツと空気感~
モデレーター:松田馨(選挙プランナー)

《17:00~18:30》 インターネットと政治の未来~ネット選挙解禁で加速したのか?~
モデレーター:佐藤哲也(株式会社デザインルール)

《18:40~19:30》 ネット選挙でSNSは役立ったのか?~1年間の総括とこれから~
モデレーター:高畑卓(株式会社ジェイコス)

《19:40~20:10》 次世代の候補者へ、政治版クラウドファンディングと戦い方
モデレーター:細川 甚孝(有限責任事業組合 政策支援)

2014年7月11日金曜日

[140711]無人直売所のある国、日本は幸せですね


自室の窓から外を眺めていると・・・

田んぼのあぜ道にいつもある“小屋”の扉が開いており、旗(古くなったビニールシートを棒につけた簡素なもの)が出ていました。

そこは、その畑の方が育てた作物を直売している「無人販売所」です。

我が家では(特に祖母と私)夏の風物詩・楽しみの一つです!
旗が出ると、『なにがあるんだろー』と小銭を握ってお散歩がてら見に行くことがしばしば。

そして、畑で採れたばかりの、トマト・スイカ・キュウリ・ナス・カボチャなどなど新鮮なお野菜をいただいております。


久々に昼間の時間に自室に過ごしており、窓からの景色に懐かしさを感じ、さっそく祖母にも『旗が出ているよ~(^^♪』と報告して、ちよっくら見に行きました。

昨日のニコニコ生放送での竹田恒泰さんの「竹田チャンネル」で恒例のオヤツタイムで大きなスイカを食べていたのをみて、無性にスイカが食べたくなっていたので、食べたくなりました。
ので、スイカを購入しました!


*******

さて、さて・・・


以前聞いた話では、、道端や人気のないところに小屋を建てたりして、商品を置いておく、お金は拠金箱のような入れ物にれてもらうというスタイルの「無人販売」が成り立つのは世界でも日本が珍しいそうです。

海外では監視をされていないと「勝手に持っていく」「お金を盗む」などのことがあるそうです。そのようなことから、海外から日本に来た方はこの「無人販売」という販売方法に驚くことが多いそうです。
それだけ、日本は治安が良く、平和ということなんですね。幸せ。

2014年6月19日木曜日

[140619]確かな野党

実家の知立市は今秋に市議会議員選挙が予定されています。

そのための市民の要求調査のためでしょう、『日本共産党知立市議団』よりアンケート票が届きました。しかも、切手月返信封筒付き!!

内容は
・安倍政権への意見
・市政に望むこと
・日本共産党に望むこと
など、など

生活に密着した内容でした。

せっかくなので意見書きました。明日、投函してきます。


さて、今回挨拶に回って見えた議員さん(←留守だったのかポストに議員通信とアンケートがありました)は、選挙の有無に関係なく半年に一回ぐらいは我が家を始め地域を回っていたかと思います。他の議員さんは来た覚えがありませんが…


『日本共産党』ときくと抵抗がある方が多いのが今日ではありますが、各家庭にアンケート配布する、しかも送料負担で!姿勢は流石ですね。

『住民が主人公』のモットーを掲げている御党。なかなか国勢レベルでは厳しいようですが『確かな野党』として市政レベルでは政策提言の政党であるように感じました。

2014年6月7日土曜日

[140607]武力を使わない日本人だからできること

【南スーダン派遣施設隊(第5次要員)先発及び主力第1波帰国】:

'via Blog this'


隊長は、隊員に対して「ここまで支えてくれた家族や部隊に対する感謝の気持ちと謙虚な心を忘れずに、胸を張って帰国せよ。」と述べ、各隊員の南スーダンにおける活動に対し労をねぎらい、無事の帰国を祈念しました。

*****
隊長のこの言葉は大変、感慨深い。
集団的自衛権など自衛隊の在り方、PKOなど国際協力のありかたが議論されている中での自衛隊の皆さんの「武器を使わない平和支援」に脱帽です。

自衛隊の国際的な意味をさいど考えることが大切ですね。
武器を使わない、武力行使ではないからこそ、日本による支援が国際社会を幸せにするのではないでしょうか。このように、身体を張って日々、任務遂行されている隊員の身の安全や現場のジレンマを解決できる制度を考えることができないだろうか?・・・


****

防衛省ニュース(フェイスブック)

【南スーダン派遣施設隊(第5次要員)先発及び主力第1波帰国】

11時間前に更新
 南スーダン派遣施設隊(第5次要員隊長 井川賢一1等陸佐)は、日本隊宿営地において、先発帰国する隊員約70名(5月23日出発)及び主力第1波で帰国する約100名(6月3日出発)を見送りました。
 昨年12月16日以来、隊は現在までUNMISSからの要請に基づき、給水・医療支援・避難民保護区域造成等の避難民支援活動、国連施設内の防護壁構築や排水溝整備などを行ってきました。
 隊長は、隊員に対して「ここまで支えてくれた家族や部隊に対する感謝の気持ちと謙虚な心を忘れずに、胸を張って帰国せよ。」と述べ、各隊員の南スーダンにおける活動に対し労をねぎらい、無事の帰国を祈念しました。
 現在、隊は第6次要員の先発として陸上自衛隊北部方面隊から5月24日に南スーダン入りした隊員約70名に対し、活動地域の案内、装備品等の申し送り及び業務の引継ぎを行っています。
 なお、第5次要員は6月20日までに全隊員が日本に帰国する予定です。



2013年9月30日月曜日

[130930]経済学って?に答えて



友人より

 経済学について勉強するのにおすすめの本を紹介して

 とありましたので僭越ながら紹介してします。
(Facebookにリンクしました)

 ・~・~・~・~・~・~

 ■『入門経済学』 伊藤元重、日本評論社、2001

 →経済学の入門テキスト。ミクロ経済学、マクロ経済学、貨幣など経済学のイントロダクションのテキストです。経済関連のコラムや単元ごとの演習問題があります。


 ■『経済ってそういうことだったのか会議』
 佐藤雅彦・竹中平蔵、日本経済新聞社、2000

→ビジネスマンと学者の対談本。佐藤氏が実際の経済問題やビジネスをとうして感じた疑問を竹中氏に質問しながら考える本。図や漫画など豊富に使って分かりやすく書かれている。


 ■高校「政治・経済」の教科書&資料集

 →経済や政治の仕組みや歴史など基本的な事項が書かれている。「高校時代に受けてないから」という言い訳は通用しないのが現実。しかし、知ってそうでしらないこと、今さら聞けないことなど読みごたえあります。教科書とバカにせずに読んで見ることをオススメ。